それはそうと

あけましておめでとうございました。

いきなりですが
怪談、好きです。

とはいえ自分自身は、写真見ては片っ端から「ここに顔あるよね」とか言っちゃう中二系不思議ちゃんでもなければ、田舎ヤンキーにありがちな神社参りの作法をドヤ顔で話すわけでもなく、それどころか昨年は先祖の墓参りすら行っていない不届きものなのですが。

エンタメものとしてのジャパニーズホラーが好きなのです。
映像や音で驚かしたりが無いので怪談は特に。
御大・稲川淳二さんは言うに及ばず、近年はファンキー中村さんの生々しい実話怪談も非常に怖くてお気に入りなんであります。

ファンキーさんは同郷(北海道)なこともあってか、都内以外にもたまに地元の話があるのが好きで、帰省して支笏湖の怪談をBGM(?)に現地で車運転したりとか。

お二人の音源がiPhone容量の大半をくってしまっている始末。

ただ、どんなに怖い話でも何度も聞いていると恐怖が薄れてきてしまうんですね。
そんな時は深夜の河原を怪談聞きながら暗闇にビクビクしながら散歩してみるわけですが、むしろ本人よりも周りからの見た目の方が 怖い、というか最近は隅田川沿いがジョギングコースでもあるのでこれも慣れてきてしまうわけですよ。

かくして新たな怪談音源(と聞き方)にはいつも飢えておるわけですが、何かないかなー

The following two tabs change content below.

TRUNK

道産子にしてオイルショックの申し子。 広告とかWebとか、都内でフリーランスのデザイナーやってます。 たまに音楽制作とかカメラマンとかドローンの空撮とか。

最新記事 by TRUNK (全て見る)