今秋リリース予定のApple Watchの新OS「WatchOS 2」。 様々な機能が大幅に拡張される予定なんですが、新しい文字盤として「好きな写真を文字盤に設定する」という機能が追加されます。

情報源: 秋を待ちきれなくて!WatchOS2向け、AppleWatch用壁紙まとめ | Apple Watch Journal

Apple Watch向けの壁紙ってその後大して増えてないようですね。

画面小さいし時刻表示位置も固定なんだから簡単に作れそうとか思われちゃいそうですが、いざ適当に作ってみるとなかなか奥が深いようなのです。定位置に固定してあるからこそ、服装やシュチュエーションが変わったときの影響がもろにあるし、ちょっとした事でしらけちゃうんですよね。

特に画面外の黒枠は思ったより太かったりするので、そこの兼ね合いをどうするか。

なんちゃってラフスケッチ(ほぼボツネタ)

なんちゃってラフスケッチ(ほぼボツネタ)

背景のエッジを黒に溶け込ませるのか、最初から枠を利用するのか、いや待てそもそもこんな理由もあるらしいぞ、とか考えだすとなかなか納得のいくものが作れない。

Touch Lab | タッチ ラボ:Apple Watchの画面の背景はなぜ「黒」なのか

Apple Watchの文字盤に対する制限は随分と厳しいそうですが、Appleのデザインへのこだわりの一端とも言えなくもない…か?

Apple Watchのサードパーティ製の文字盤デザインの提供は絶望的か | IT Strike

とはいえ、広告やWebあたりがメインの身には、これを「文字盤のデザイン」とするなら(自己満足とは言え)工業デザインでもやってる気分になれて結構興味深いです。

もうちょっと試行錯誤してみようかな。

The following two tabs change content below.

TRUNK

道産子にしてオイルショックの申し子。 広告とかWebとか、都内でフリーランスのデザイナーやってます。 たまに音楽制作とかカメラマンとかドローンの空撮とか。

最新記事 by TRUNK (全て見る)